ZEHについて

|ZEH(ゼッチ)とは・・・

ZEHとは、住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅のことで、エネルギーをまったく使わないということではなく、消費しているエネルギー量と太陽光発電などによって創出されたエネルギー量が、差し引きでおおむね0、または0以下のマイナスになるという意味です。

 

|平成29年度ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業一般社団法人 環境共創イニシアチブ)抜粋

我が国では「エネルギー基本計画」(2014年4月閣議決定)において、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均で住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅(以下、「ZEH」という)の実現を目指す」とする政策目標を設定しています。経済産業省資源エネルギー庁は、この目標の達成にむけたZEHロードマップの検討をおこない、そのとりまとめを2015年12月に公表しました。
本事業は、上記政策目標とその達成にむけたZEHロードマップに基づき、ZEHの自立的普及を目指して高断熱外皮、高性能設備と制御機構等を組み合わせ、ZEHを新築する、ZEHの新築建売住宅を購入する、または既築住宅をZEHへ改修する者に補助金を交付するものです。

 

丸宮木材建築設計では具体的なZEH普及の取り組みとして次に掲げることを実施していきます。

 

|ZEHの周知・普及に向けた具体策として

ホームページ、チラシ、見学会等でZEH登録事業者であることの告知を行います。ZEH仕様で建築した住宅に関しては、お施主様にお願いし、見学会を開催させていただくなどお客様にその必要性を訴求致します。ZEH仕様のモデルプランを作成し、お客様の計画初期段階で具体的に見ていただけるように致します。

 

|ZEHのコストダウンに向けた具体策として

取引先と相互協力を行い、ZEHに向けた住まいを探求し、作成したZEH仕様のモデルプランを規格化していきます。高効率設備や高効率太陽光発電などを取引量を増やすことにより、コストダウンを図ります。

 

|その他の取り組みとして

ZEH基準をエネルギー面だけでなく、取り入れることによるメリットや地球環境に対する配慮、健康や住み心地など色々な観点からお客様へ良さや意義を伝えていく努力をいたします。

 

|今後の普及率目標

丸宮木材建築設計の請け負う注文住宅について

 

ZEH受託率(Nearly ZEH含む)

平成30年度目標 50%

平成31年度目標 60%

平成32年度目標 70%

 

を目指していきます

 

ZEHについての詳しい内容は

一般社団法人 環境共創イニシアチブ➡こちら